So-net無料ブログ作成

とらわれの蜜月 [BL小説 和泉桂]


とらわれの蜜月 (リンクスロマンス)

とらわれの蜜月 (リンクスロマンス)

  • 作者: 和泉 桂
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2004/12/25
  • メディア: 新書


和泉桂 著。

受(野崎七海):家庭教師としてエトミア王国へ
攻(アルセス):エトミア王国第二王子

ロンドン留学中だった七海は知人の紹介で家庭教師として中東の小国エトミア王国へ向かった。だが家庭教師先が国王の息子で、自分よりも年上ということに驚き戸惑う七海。しかも第二王子のアルセスからは宦官が使わした刺客とまで疑われてしまう。陰謀渦巻く王宮で七海を助けながらも冷たい態度を取るアルセス。アルセスから逃れられずにいた七海だったが……。


甘甘なアラブモノかと思ったら、

 陰謀渦巻き腐敗した王宮→政情不安→革命

と歴史モノっぽい要素も盛り込まれてて、なかなか読み応えあった。
現代モノかと思ったら、舞台は1906年なんだな。

王位継承第三位だし、二つの呪いをかけられて王位は望めないアルセスを、
どうしても王位につけたい側近のラシードの存在が(・∀・)イイ!!
そしてそんなラシードを自分の半身だと言い放つアルセス。
……七海の存在w
いや、それにはちゃんと理由があるんだけど、なかなか無い展開で面白かった。


ところで清澗寺がちょっとだけ出てくるんだけど、
あれって出す必要あった?(・∀・)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。