So-net無料ブログ作成

スウィート・レッスン [BL小説 和泉桂]


スウィート・レッスン (講談社X文庫―ホワイトハート)

スウィート・レッスン (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 作者: 和泉 桂
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/08
  • メディア: 文庫


和泉桂 著。

受(秋本真紘):ホテル・ラドリック東京契約社員
攻(久我唯臣):ホテル・ラドリック東京チーフ・アシスタント・マネージャー
当て馬(麻生史人):ハーフなイギリス貴族。実は……

憧れのホテルに契約社員としてやっと勤めることができた真紘。しかし経験もない真紘が一流であるラドリックに就職できたのには訳があった……。


一流ホテルにこんなホテルマンいたらダメだろw
的なおこちゃま受けだー(・∀・)ノ
そんな真紘が就業できたのも、当て馬史人が「僕が拾うから落として^^」と言ったためで、その史人に対抗するように真紘を合格させた久我は、史人と【真紘を一人前のホテルマン&史人が満足するような男に久我が教育できるかどうか】の賭けをする。

なにその展開ー(´∀`)
しかもお約束どおり、ホテルマンよりも【史人が満足するような男】のレッスンに重点がおかれるのだよw

しかし、レッスンの開始がさー。
客に「セクハラされた」と涙目の真紘に、セクハラの定義が間違ってる、と真紘にキスする久我。

「セクハラだと言いたいのなら、せめて唇を奪われるくらいのことをされてからいいなさい」

( ゜д゜)ポカーン

ちょ…なんだこの展開www
アホくさくて逆にワロタ。

結構な厚みがある本なんだけど、さらりと読める(・∀・)ノ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。